アフィモンのネットで稼ぐぞ!初心者向けアフィリエイトで小遣いを稼ぐ方法

WordPressの「投稿」と「固定ページ」の違いと使い分け

WordPressで投稿する際、「投稿」と「固定ページ」があるのですが、その違いと使い分けをご紹介します。

WordPressの「投稿」と「固定ページ」の違い

投稿固定ページ
カテゴリーの設定設定できる設定できない
記事の親子関係設定できない設定できる
トップページへの自動表示表示される表示されない
RSSへの配信配信される配信されない

投稿は、カテゴリー設定もできるし、トップページへ自動的に表示され、RSSも配信してくれるので、ブログです。

固定ページは、ページの親子関係を設定できるのみですので、Webページです。

ブログもWebページも同じだろ?

同じようだけど、違うんです。
ブログは英語でblog、Weblogです。
「Web上にLogを残す。」
「私の日々に起こった事の記録。」
つまり「日記」なんです。

Webページは日記じゃなくて、「本のページ」みたいな感じかな。そのページが集まって1つの本(Webサイト)になっているイメージです。

WordPressの「投稿」と「固定ページ」の使い分け

では、「投稿」と「固定ページ」。どっちで記事を投稿すれば、いいのか。

私なりのその答えは…

本のページである「固定ページ」で投稿し続け、一つの本「Webサイト」を作っていく。

そして、「投稿」で「お知らせ」や「新着情報」、「更新内容」などの時系列に関係する「日記」を投稿する。

「投稿」と「固定ページ」の両方を使った方が良いという結論です。今、当サイトのメインページは「固定ページ」のみで作っていますが、正直言って、「めんどくさいなぁー」って思う事もあります。

でも、「固定ページ」を推していこう

固定ページでは、

  • カテゴリー設定できませんが、記事の親子関係を設定すればいい。
  • トップページへ自動表示はされませんが、固定ページをトップページに設定すればいい。
    (新しい記事を投稿するたびに、その固定ページを編集しなければいけませんが)
  • twitterやSNSのシェアがあるから、RSSへの配信ができなくても、イイと思います。

我々は「日記帳」を作っているんじゃないんです。
「本」を作っているんです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アフィモンのネットで稼ぐぞ!初心者向けアフィリエイトで小遣いを稼ぐ方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました