アフィモンのネットで稼ぐぞ!初心者向けアフィリエイトで小遣いを稼ぐ方法

SEO的に優しい記事の書き方

アフィリエイトサイトが上位に表示されない原因の一つとして、SEO的に優しくない記事の書き方をしているケースがあります。

Googleにサイトを登録すると定期的に検索ロボットがあなたのサイトを調べに来るのですが、その検索ロボットに対して、「何を書いているのかを優しく伝える」ことが大切です。

SEO的に優しくない記事の書き方とは

例として、「動物について」の記事を見てみます。

赤枠の箇所は「タイトル」です。(私が使っているCocoonではH1にあたります。)

その下の、
オレンジ枠は「動物」についての文章(P)を、
緑枠は「犬」についての文章(P)を、
青枠は「プードル」についての文章(P)を、
ずらずらと書いていますが、

この記事に書き方でも悪くはないのですが、SEO的に優しい書き方ではありません。

これでは、検索ロボットに対して、記事で何を書いているのかが、うまく伝わりません。

SEO的に優しい記事の書き方とは

このように、それぞれの文章に、きちんと見出しをつけることが大切です。

でも、ただ「見出し」をつけるのではなく、それぞれの文章の内容によって、それぞれに「大見出し(H1)」、「中見出し(H2)」、「小見出し(H3)」をつけて、はっきりとした階層をつくることが大切です。

検索ロボットはページの上から下に向かって理解する

検索ロボットはページの上から下に向かって、ページに書かれている内容を理解していきます。

ページの上から、

「大見出し(H1)」 ← (検索ロボット)「このページは『動物』についてのページか。」

「文章(P)」 ← (検索ロボット)「『動物』についての文章か。」

「中見出し(H2)」 ← (検索ロボット)「『動物』の中の『犬』についてか。」

「文章(P)」 ← (検索ロボット)「『犬』についての文章か。」

「小見出し(H3)」 ← (検索ロボット)『動物』の中の『犬』のさらに中の『プードル』についてか。」

「文章(P)」 ← (検索ロボット)「『プードル』の文章か。」

このように見出しをつけて、階層を明確にして記事を書くことで、検索ロボットに対して、「このページはわかりやすく、より専門的で、ユーザーに対しても優しいページだな。」という判断を与え、結果的に上位表示されやすいページになるわけです。

この記事の書き方こそがSEO的に優しい記事の書き方です。

Googleは「優しさ」がほしいんです。

見出しをつけ、階層をつけて記事を書く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アフィモンのネットで稼ぐぞ!初心者向けアフィリエイトで小遣いを稼ぐ方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました