アフィモンのネットで稼ぐぞ!初心者向けアフィリエイトで小遣いを稼ぐ方法

アフィリエイト初心者がまずやるべきこと

これからアフィリエイトを始める初心者の方がまず、やるべきことをご紹介します。

サイトのコンテンツ量を増やす

「サイトのコンテンツ量を増やす」とは、簡単にいうと、「サイト全体の文字数を増やす」ことです。

立ち上げたばかりのサイトは、いわば「全体的に文字数が少ない薄い本」です。その「薄い本」をコツコツとページを増やすことによって、「全体的に文字数が多い分厚い本」にする。これが大切です。

しかし、内容が薄い1ページを増やしていくのではなく、「今、自分が書ける渾身の1ページ」を増やしていくことが重要です。

「渾身の1ページ」とは、内容が濃い専門的な1ページのことです。

なぜ、サイトの全体的なコンテンツ量を増やす必要があるのか。

一つ、Googleの評価基準の「E-A-T」上げる効果がある。

渾身の1ページを増やすことによって、サイトの「専門性」を上げることができる。また、渾身の1ページがSNSなどでシェアされることが増えるので、サイトの「信頼性」が上げる。そして、その積み重ねの結果、サイト全体の「権威性」が上がるのです。

二つ、全体的な文字数が多いので検索にヒットしやすくなる。

サイトに訪問してくる人は、Googleなどの検索エンジンで、あらゆるキーワードを入れて、検索してやってきます。

サイト全体の文字数が、1,000文字のサイトと、100,000,000文字のサイト、どっちのサイトの方が検索にヒットしやすいのかは、一目瞭然です。あらゆる文字や文章が膨大にあるサイトの方が検索にヒットしやすくなります。

有名人でない限り、立ち上げたばかりの自分のサイトへアクセスは少ないと思います。また、作家ではない限り上手な文章も書けなければ、難しいSEO的な手法などもわからないと思います。ですので、(失礼な言い方で恐縮ですが、)「下手な鉄砲も数打てば当たる。」的な方法です。

初心者はとりあえずページを増やすことが大切。

サイトを更新し続けること

自分ができる範囲内のスケジュールでいいので、例えば、「2日で1つ記事を投稿をする。」でもいいです。サイトを更新し続けることが重要です。

ほとんど更新がない放置状態のサイトは、あまりSEO的にもよくないので、定期的にサイトを更新することが大切です。

また、記事を投稿し続けることで、「ここは、こう書こう」「この書き方じゃダメだ」「この書き方の方がわかりやすい」など、初めはわからなかった部分が見えてくるようになります。

サイトは更新し続けることが大切。

記事の文章はなるべき「PREP法」を使う

「PREP法」とは、最後まで読んでもらいやすく、簡潔で説得力がある文章を書く書き方です。

例えば、100個の記事を何も考えずに投稿した後で、この「PREP法」を知った場合、その100個の記事を見直し、書き直すハメになったら、大変だからです。

なるべく、記事はPREP法で書く。

デザイン、カスタマイズなどは後回し

初心者の方がサイトを作った際に、よくある例なんですが、

  • サイトを完成させた時点で燃え尽きる。
  • カスタマイズばかりに夢中になる。
  • サイトのデザインにこだわる。
  • 世界の一つだけの私だけサイトを作りたがる。

これらは、良いことでもあるのですが、初心者の方がこれらをやると、一番問題なのが、時間がかかることです。

私達、Web制作のプロであれば、すぐにできますが、初心者の方でしたら、どうしても時間がかかってしまいます。

アフィリエイトの成功はGoogleの検索結果で上位表示することです。

Googleは書かている文字、文章などでサイトを評価します。はっきり言って、「サイトがカッコイイ」、「サイトが超カワイイ」などデザインやカスタマイズで、Googleは評価してくれません。

なので、サイトを作る初期段階は、デザイン、カスタマイズなどはほどほどに、コンテンツを増やすことに、時間をかけるべきです。

ある程度のコンテンツ量になり、アクセスも徐々に増えたタイミングで、思う存分、デザインやカスタマイズをすれば良いと思います。

サイトを作る初期段階は、デザイン、カスタマイズに時間をかけない。

ネット社会だからこそ「気持ち」が大切

「何が気持ちやねん。しんきくさいな。」って思われるかも知れませんが、Web制作のプロとして十数年、生きてきて、つくづく思います。ネット社会でも「気持ち」ってすごく大切なんです。

ネットの社会は「文字」「文章」の世界ですが、その書かれている「文章」からページ制作者の「人柄」「性格」などが伝わるものです。

ネット上に、役立つ、お得な情報を淡々と掲載しても、サイトへの信用がない限り、人々はなかなか注文したり、クリックしたりはしません。でも、そのクリック率を上げる方法の一つが「気持ちをのせて」記事を書くことだと思います。

「気持ちをのせる」とは、読んでいる人に対して、「感動」「感心」「笑い」「悲しみ」「怒り」などの感情を与える記事を書くことです。

全ページでなくても、所々に、この「気持ちをのせた」記事を書くことが、ネット社会の今だからこそ、大切なんじゃないのかなと私は思います。

ネット社会だからこそ「気持ち」をのせて記事を書くことが大切。

ヘコまない

アフィリエイトでお金を稼ぐには、そうとう時間がかかります。

アフィリエイトを始めたばかりの初心者の方は、特にそうです。ですので、「3ヶ月、あるいは、半年間は、報酬がないのは当然だ。」という気持ちで、コツコツとサイトのコンテンツを増やし続けることが大切だと思います。

毎日、A8.net の管理画面を見て報酬が全くなくても、ヘコんではダメです。

アフィリエイトをやっている途中、どうしても「報酬を稼ぐのって、私には無理なのかな」ってあきらめがちですが、その言葉は、せめて最低でも100記事以上を書いた後に言ってほしい。「半年、1年後、いや3年後には、ビックサイトを作ってやる!」っていう長いスパンで、コツコツをやり続けることがアフィリエイトでの成功の秘訣だと思います。

ヘコまないで頑張る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アフィモンのネットで稼ぐぞ!初心者向けアフィリエイトで小遣いを稼ぐ方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました